みつばちがつなぐ輪

みつばちと地球とわたし~ひとつぶの命に秘められた 大きな環(わ)のお話~』 は、愛知県の養蜂家、船橋康貴さんをメインに密着したドキュメンタリー映画。

↓↓映画の概要↓↓

********************

みつばちをめぐって今、地球がひとつになる
どの命だって地球を支える大切な一つ みつばちと人がともに紡ぐ未来

養蜂家の船橋康貴さん、元々は環境系の会社の社長だった。
伝えても伝えても、環境は良くならず、人々の心や体から自然が失われ、疲弊していく。
ある日、みつばちに出会って雷に打たれたように。みつばちが幸せに生きられる地球は、人も幸せに生きられる地球。
アポなし飛び込みでパリ・オペラ座と姉妹連携したり、地元愛知で街づくりをしたり、船橋さんの挑戦が始まった。
みつばちは教えてくれる。自然の一部として生きる幸せを、そして命が命を生かしているということを。 みつばちと、みつばちをめぐって生まれていく大きな環の物語を描いたドキュメンタリー

********************

地球の惨状をみつばちという方面から目の当たりにして、ショックを受ける覚悟をして行ったけれど、

そう、たしかに決して楽観視できるような状況ではないけれど・・・

でも、地球が、自然が、いきものたちが壊れていく様子に心を痛めて必死に取り組みをしている仲間がたくさんいる!!

ということに、わたしはむしろ希望の光がみえた。

悲観しているより、小さくても自分にできることを✨

じゃあ、具体的にどうしたらいいのかな??

みんなで、お花を植えよう🌸

みつばちさんのごはんをつくるの。

今は、地上に芽吹いている植物の数が本当に少なくなっている。

森や林がなくなっただけでなく、自然農があたりまえで田畑の草花がたくさん生えていた昔とはちがって、育てている農作物以外は除草する慣行農法がふつうになっているから。

お花を植えよー!!

気づいた人からお花を植えたら、みつばちさんのごはんと、憩いの場ができるよ♪

それはめぐりめぐってわたしたちの食べ物、衣服、住居。つまり衣食住のすべてを守ることにつながる。


だって、食べ物も服も生活に必要なイロイロも、植物からできているよね。植物がなくなったら…石油化学製品を使うしかなくなくなる…。
このままいくと、みつばちが全滅するまであと10年。その間に、気づいているわたしたちが何ができるか。だねっ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です