不妊治療

今の時代、不妊に悩む夫婦がたくさんいるのね。


わたしの20代前半からの友人も、結婚して半年で「子どもができない・・・」って病院行って不妊治療を始めました。

その子(仮にすみれちゃんと呼ぼう)、結婚前の若かりし時は「子どもできたら困るから!」って避妊目的で長いことピルを飲んでました。


でもまって、

子ども欲しくない時は、

できないでね、できないでね、

もしできたらゆるさん!!

ってすごい勢いで薬で子宮に圧力をかけ、


結婚して子ども欲しくなったら、たった半年で

まだできないの?なんでできないの?

はよできんかい!

ってまた違う薬で圧力をかける・・・


わたしが子宮そのものだったら、泣くなあ、、こんな仕打ち😂


まずは、不妊の恐れを一旦置いといて、フラットになってみよー

そして子宮さんを感じてみよう

どんなことを伝えたくなる?


ここまで一緒にがんばってきてくれてありがとう、

わたしの女性性を保持してパートナーと結んでくれてありがとう、、、


もしこんな気持ちが湧き上がってきたら、子宮さん嬉しいだろうね❤️

機嫌直して仲直りしてくれるかも。


それには、今まで疎かにしてきた分、やっぱりある程度時間はかかるよね。


もし、すみれちゃんがわたしにヒーリングで子宮を浄化してー!こどもできるように整えてー!ってやってきたとしても、
まずは子宮さんの氣持ちになってみて・・・ってお話するところからです。

ヒーリングだけで解決するようなことじゃない。



ちなみに、わたしは上記の氣の持ちようと自己ヒーリングで自分の子宮がん(前がん状態)を治したことがあります。

丸一年かかったけど、しかもその時まだ西洋医学を信じてて、月イチで病院で消毒という余計なことをしてしまったけど笑

時間をかけて、子宮との信頼関係を取り戻しましたよ。

そして、治ってよかったーおしまい♪じゃなく、

結局調子悪くなった子宮さんがきっかけで、今地球上に起こってるひずみのことを知り、まずは自分と将来生まれてくる子どもを守るためにどう行動するかを考え始め。
いろんなご縁が繋がり、東京を出て各地で色んな経験するっていう人生になっていったんだよー。


ほんと、体は何でも知ってるし、必要なことを氣づかせるために文字通り身をもって教えてくれる。

わたしたち一人ひとりに与えられた、自分だけの体さん。

日々対話して大切にしたいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です