子宮はわたしが護る

今瞑想してて、子宮さんに意識を向けたとたんわかった。
今まで、何もかもほんとに、子宮に背負ってもらってたんだということ(/ _ ; )

ガンて何かっていうとね、
毒素のゴミ捨て場なんだよ。

毒素を1か所に集めて溜める
体全体に毒が行き渡って即死しないようにするための、体に備わった延命装置なの。

毒素っていうのは、自分にとって調和しないもの。
ストレスとか添加物とか農薬とか放射線とかって言われるけど、そういうの含めて、自分らしく生きられてない不調和なもの全てだと思う。


わたしの場合、子宮がみずからゴミ捨て場を引き受けてくれた。

子宮=地球なんだよね。

子宮というおかあさんに守ってもらって、しんどいところ全部引き受けてもらって、今日まで生きてこれたんだ。


でももうそれも終わり

もう背負わせない

これからは、子宮はわたしが護る。


不調和は生きてる限りゼロにするのは無理だけれど、それをどこかに溜めこむんじゃなく眺めて、流していく



ここ2~3ヶ月生理の不調も激しかったけど、それももう終わりにします。

まじで終わりにする。



来月からはまた快適な生理。

すべてと調和して健康な子宮をこの体に抱く

ということを、決意しました(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です