病氣を公表した理由【子宮頸がん】

事後報告・自己完結女のわたしですが

子宮頸がんのことは、渦中まっただ中の時にネットで全世界に向けて、事前報告したんです



公開した日は病氣発覚から1週間くらいの時で、精密検査が始まったばかり。

まだステージも出てなかった(結局ステージⅢbで、全身転移一歩手前だった😱)。



何もわからず、五里霧中で一番ココロが大丈夫じゃない時だったから、公開はかなり勇気がいったんだあ~



それでもやろうと思ったのは、、、

望む未来につながるため。



不安で怖くて仕方ない、大丈夫じゃないかもしれない

そんな氣持ちが膨大にありながら、

でもその奥に大丈夫な予感も見え隠れしてた。


怖いのに、ちょっとワクワクするような、変な感覚


だからそれを確定させるために、

「今こんなこと起きてるけどきっと大丈夫だと思う」って公にすることで

進みたい未来の方に一歩駒を置いたの。




わたしの人生コンセプトで、アメブロのタイトルにもなってる

「生きたい世界を生きる」

を、どうしても体現したかった❗️❗️




そしたら結果、

子宮頸がんステージⅢbから無傷で生還予定です」で報告したとおり、ホントに無傷で生還できそうな今です😘

生きたい世界を生きる、って何か?

→ガンになった世界が生きたい世界なの?

そうじゃない
もちろんそんな怖いことは起きてほしいわけじゃない(笑)



だからといって、嫌なこと、不快なこと、怖いことが起こらない人生を目指すって意味じゃないんだ。



何かが起こった時に、自分を信じて最善の選択を尽くしていく人生

自分の生き様に誇りをもつ人生



命尽きる間際に、「生きたい世界を生きた人生だったわ~」って納得してあちら側に行きたいんだよね。





今現在のわたしは、心から信頼できる免疫療法の医師に出会って、体をどこも傷つけることなく体調も落ち着いてるけど、

ここにたどり着くまでには、大学病院とガン専門の大病院を経由してます。


3大治療以外の選択肢が出てこない中、もうこのまま流れに身を任せよう、起きることをただ見つめていこうと思って、子宮全摘手術と抗がん剤を受け入れようと思った時期も少しある。



けど、大病院の医師から、子宮のみならず卵巣も取る、リンパも取る、合併症でおしっこの感覚がわからなくなる、一生ホルモン治療。

と優しく宣告され、、、そこで


そんな人生わたしは違うだろおおおーー


って、自分にキレたの笑




ねえねえ、本当に、それが、わたしの魂が望んだ道なの?

たとえば、音で臓器再生は可能なので、子宮卵巣再生の探求に一生をかけていくとか。
それが今生の魂の道だって自分の本質が言うならば、甘んじて手術を受け入れようと思う。




だけどね、、

わたし、ぶっちゃけ、、

「体」に興味がないんだよね、、、、、、、、


物質に興味がないのよ。


今までも、タロットやクリスタルなど色々ツールを学んでみたんだけど、

うーーーーん。

やっぱり、物質を通してエネルギーをみるよりも、
直接見えないエネルギーを降ろして扱う方が断然得意なんだわ😂



だから、体というツールに、一生かけるような情熱を注げるんだろうか・・・?

なんか、自分らしくないなあ、と違和感だったの。




それとそこに至る直前、高知の家で誰にも会わない空白の時間に、色々色々、本氣でやった。

子宮とおはなししたり、ヒーリングしたり、おつちさんをいただいたり、縁ある神様にお願いしたり。

壮絶に

「子宮さんどこにも行かないでーーーー!!!」

って泣き叫んだわ🤤




そして最後、病院で

こんなの自分じゃない!!他に何かないわけ??!!!

とブチキレたら、次の日に

ココロと体が望む、本物の免疫療法に出会えた😇




わたしが

多くの人にお伝えしたいのは

「生きたい世界を生きる」ための、意識の使い方なんだ。



自分を信じて、本氣出したら、望むものが出てくる(自分が出してくる)。



そのエッセンスをくみ取ってもらえたら嬉しいと思って、自分のエピソードをお話してます💖



たぶん、本氣で色々やった部分とキレた部分が重要なので、また今度ちがう角度から書いてみます😆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です